読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

機種変更収支

 

 先週の土曜日にようやく機種変更をした。

 MNPにするか機種変にするか、電卓を叩きながらギリギリまで思案していたんだけど、僅差で機種変更に決定。久しぶりのiPhoneユーザーになった。といっても、みんなが持っているメジャーな5sではなく、カラフルな5cのほう。

 

 毎月割を使って回線の月額を下げるのが目的だったので、家族全員分行きたかったのだけど、土曜日の夕方でもう既に在庫がなく3人分だけ。あぶれた1人はそのうちにまた何か探してあてがうつもりでいる。

 

 複数台契約でキャッシュバックが1台あたり3万円になり、ポートアウトを申し込んで撤回した際にキャリアからもらったクーポンが1万5千円×2人分で3万円。クレカのポイント移行などでこつこつ貯めていたポイントが1万円超。

 春先の電気店での契約で入手した商品券1万5千円分は決済に使えなかったが、何らかの形で現金化をして、クレカの引き落としに間に合わせよう。

 しかも5cなので毎月割が高い割には定価が低い(買い取りも低いけど・・・)。

 

 そして、春先に入手したばかりのまだ新しいAndroid機を使う(simアダプターを使って既に差し支えなく接続できている)と言っている家族の端末は、最終的に売却にまわすことになると思うので、かなりいい買い物ができたと思う。

 

 ただ困ったことに、売却するつもりでいる機体のピンクがあまりにも美しいので手放すのが惜しい気分になっている。私は白の32GBにしたが、ピンクの16GBでも良かったような気がしないでもない。

 

 機種変更というのは、普段はあまり客単価が下がらないようになっている。

 端末が安ければ、相応に月々の割引も低いと言うのが常道だ。ただ、ごくたまにこういう案件がある。私の感覚では2年に1度くらいかなあ。見つけたら即確保して突っ込む。この毎月割が切れる2年後には、携帯やスマホの市場はどうなっているんだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

追記:なんで狂乱的なキャッシュバックが乱れ飛んだ3月にMNPしなかったんだろう?と詳しい人なら疑問を持つと思うけど、当時はAndroid機に絞って探していたため、波に乗り損ねたのです。