読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケモン百景・2

 

 知らない人が見れば、これから何かイベントでも始まるのかと思うだろう。

 藤棚の下のベンチにも、植込の脇にも沢山の人がいるがさほど騒がしくもない。皆静かにスマホの画面を眺めているか、控えめな声で仲間らしき人と談笑している。

 ゆるやかに夏の夕闇がおりてくる。

 ここは京都。八坂神社の裏の円山公園だ。

 ミニリュウが出るらしいと聞きつけた息子に誘われて、下鴨神社からの帰りに立ち寄った。

 

 時々さざめきが起きる。

 「アズマオウがいる」「どこどこ」「いるわ」

 出現したポケモンは大体ほかのプレーヤーにも見えるので、集団幻覚を見てるような具合になって面白い。

 どよめきが起きたのはハクリュウが出現したときだ。

 「いるいる!」「取れた?取れない?」「逃げられたー・・・」「やったー!」

 強いポケモンは、プレーヤーのレベルによっては手に負えないのだ。

 私も逃してしまった。ああ残念、と惜しみながら、不意に十年ほど前に諸般の事情で無くなってしまった花火大会を思い出した。

 花火がよく見える土手があり、自転車を漕いで見に行った。大玉が上がるたび、同じ花火を見ている人たちから歓声が上がる。息をのむ人もいる。

 

 思い出の中の光景と今目の前の様子が重なる。ただ、花火が上がっているのはスマホの画面の中だ。ルアーモジュールという華やかな小玉に彩られて時々ポケモンという大玉が打ち上がる。

 夕闇が一層濃くなる中、あたり一帯は穏やかな多幸感に浸されている。おそらくそう遠くない未来に潮が引くようにブームは去るだろうが、それまでに何度かこういう時間があればいい。それで充分引き合う気がする。

 

 

 

 

追記:この日、電車に乗る前に立ち寄った商店で、おっちゃんが店の角を指さしながら「そこに2体ポケモンがいるらしいよ」と愉快そうにしていたのが面白かった。